注目キーワード
自分らしさを見つける旅に出る

他人の目が気になる人が抱える深刻な理由とは?自信がないことと評価

人は、さまざまな理由から他人の目を気にしますが、気になり過ぎてしまうと日常生活にも支障をきたしてしまうことがあります。今回は、他人の目が気になる人が抱える深刻な理由についてお話します。

なぜ、他人の目が気になるのか

そもそも「なぜ他人の目が気になるのか」ですが、そこには、人が持つさまざまな感情が影響します。ここでは、他人の目が気になる理由についてお話します。

他人の評価が気になるから

他人の目が気になる理由1つ目は、他人の評価が気になるからです。人は少なからず他人の目を気にしています。それは、無意識で好かれようとしているからです。

少しでもよく思われたい、かっこよく見せたいという気持ちから、他人にどう思われているかが気になりはじめ、結果、有りもしない評価を自分で気にしすぎてしまうという、本末転倒を招いてしまいます。

自分に自信がないから

他人の目が気になる理由2つ目は、自分に自信がないからです。多くの人は自分に自信がないものです。それは人によってさまざまですが、容姿であったり、学歴であったりというものです。

特に見た目が気になる容姿に自信がないという方は多く、他人からジロジロと見られているんじゃないかというある種トラウマのようなものを感じていることもあります。

誰かに承認されたいから

他人の目が気になる理由3つ目は、誰かに承認されたいというものです。承認されたいのに他人の目が気になるというのもおかしな話ですが、1つめと同じで、どんな評価をされているかが気になるということです。

他人の目は気になるけど、承認されたいというなんとも矛盾した感情が渦巻いています。この感情は、誰もが持っている「承認欲求」と言い、褒められたい、感謝されたいという気持ちの表れです。

他人の目が気にならない生き方に変える方法

世の中に評価という制度がある以上は、他人の目を気にするのは仕方ないことかもしれません。ただ、他人の目を気にしない時間や場所を作ることで、少しずつ耐性をつけていくことができます。ここでは、他人の目が気にならない生き方にかる方法についてお話します。

一人になる時間や場所を確保する

他人の目が気にならない生き方に変える方法1つ目は、一人になる時間や場所を確保することです。これは、物理的に他人の目を気にしない場所を確保する必要があるので、自宅やマンガ喫茶の個室などがおすすめです。

この場所で何かするというものではありませんが、少しの時間過ごすだけでも、誰の目にも触れないという心の安心を得ることができます。まずは、この「心が安心すること」から取り戻す必要があります。

心の声を無視しない

他人の目が気にならない生き方に変える方法2つ目は、心の声を無視しないということです。たとえば、「やりたくないのにやる」、「言いたくても言えない」などが該当します。

ただ、無視しないといっても、今後、全て心の声にしたがって生きろという話ではありません。人には本音と建前があります。常にこの2つを意識しておくことは大事です。

何でも話せる存在を作る

他人の目が気にならない生き方に変える方法3つ目は、何でも話せる存在を作ることです。できれば、恋人や家族など身近な存在で、日頃から話ができているとベストです。

他人の目が気になる人は、評価されることを嫌います。そのため、日頃あまり話をしない家族や友達に話す場合は、結果的に目を気にしてしまうので逆効果となることがあります。

また、利害のないカウンセラーに話してみるのも1つです。メリットは、専門的な知識をもとにしたアドバイスをもらいながら、徐々に他人の目が気にならない自分を作り上げることができることです。

他人の目を気にしない生き方をするなら自助努力も必要

今回は、他人の目が気になる人が抱える深刻な理由についてお話しました。

世の中には、評価という制度があることから、他人の目は誰もが気になります。ただ、あまりに気にしすぎてしまうと日常生活もままならないほどの弊害を伴ってしまいます。

周りからすると「気にしなければいいじゃないか」と思いますが、本人からすると、切実な悩みなのでそう簡単には切り替えられません。そこで、「常に他人の目を意識する」から「一定期間だけ意識する」に変えていく必要があります。

そのためには、自助努力として「他人の目が気にならない時間や場所の確保」や「心の声を無視しない」などをし、気のおける家族や友人、カウンセラーなど、話ができる存在を作ることが大事です。

これらのことをすることで、少しずつ他人の目が気にならないようになり、他人の目を気にするときときにしなくていいときのメリハリをつけることができるので、日常性津にも師匠ができにくくなります。