注目キーワード
自分らしさを見つける旅に出る

仲間外れにされる理由と対処方法!原因は誤解やコミュニケーション不足

年齢に関係なく仲間外れにされる方はいます。その理由はさまざまで、多くは感情的なもつれが原因となっています。今回は、仲間外れにされる理由や対処方法についてお話します。

仲間外れにされる理由

自分では見に覚えのないことでも、過去の言動が相手を傷つけて、嫌われているということもあります。ここでは、仲間外れにされる理由についてお話します。

相手に嫌われているから

仲間外れにされる理由の多くは、相手に嫌われていることが原因になっています。嫌われる理由は、生理的に嫌い、態度が嫌い、過去に気づかないうちに傷つけていたなどさまざまです。

このうち、生理的に嫌い、態度が嫌いというのは、相手が自分に対する感じ方の問題なので、自分がどう変わったとしても相手の気持ちを変えることは難しといえます。

ほかの嫌われる理由は、こちらは意図していないことで、相手を傷つけてしまった場合です。何気ない一言や軽い気持ちで取った態度が嫌われる原因になることもあります。

人間関係ができていないから

嫌われているわけではないのに仲間外れにされる場合は、相手と人間関係ができていないことが挙げられます。日頃一緒にいても関係ができていなければ、誘われないということもあります。

ありがちなのは、相づちだけで自分から話ができていない人です。雰囲気やメンバーによっては、かなり難しいことかもしれませんが、何かしらの方法で、自分もいることを知らせることは大事です。

仲間外れにされたときの対処方法

仲間外れにされた感じているということは、少なくとも本心では、その輪の中に入りたいと願っていると言えます。そこで、仲間外れにされたときの対象法について考えてみます。

嫌われて仲間外れにされたときの対処方法

嫌われる理由のうち、生理的に嫌いや態度が嫌いなど明確な理由もなく嫌われている場合は、対処方法はかなり難しいと言わざるを得ません。なぜなら嫌われる理由を直すことも弁解の余地もないからです。

可能であれば、共通の友人などを通して関係改善を試みてみることも1つですが、生理的に嫌いというのは、改善は難しく、間に入ってもらった方にも余計な迷惑をかけることにもなります。

一方、過去に傷つけたなど明確な理由がある場合は、対処方法はあります。可能であれば、なぜ、傷つけることになったのかについて、誤解を解くまたは謝罪することで、関係が改善することもあります。

嫌われてないのに仲間外れにされたときの対処方法

嫌われていないのに仲間外れにされるのは、輪の中での存在感が薄いことが考えられます。該当する人は、自分から参加不参加の意思表示し、積極的に会話に入るなどして存在感を出すことが大事です。

ただ、会話の内容やメンバーによっては、会話に入れないこともあると思いますが、イベントの参加の意思表示を言葉を発してする、そばにいる人と仲良くなって、一緒に意思表示するなどでも大丈夫です。

仲間外れにされるのには理由がある

今回は、仲間外れにされる理由や対処方法についてお話しました。

仲間外れにされるのは、嫌われていることと人間関係ができていないことが理由となっています。嫌われている理由の中では、明確な理由がないまま嫌われて仲間外れにされていることもあります。

その場合は、相手の感じ方の問題でもあるので、関係改善も難しくなります。一方、明確な理由がある場合は、誤解を解いたり、謝罪したりと関係改善が望めます。

また、嫌われてなくても結果的に仲間外れにされることもあります。たとえば、数人の輪の中で発言が少ないことにより存在が認識されておらず、声をかけられなかった場合です。

このケースは、自分の性格が影響しますが、できるだけ輪の中で発言するなどして意思表示をし、イベント等の参加は言葉ではっきりと意思表示することで改善されることもあります。