注目キーワード
自分らしさを見つける旅に出る

初めてのキャンプを目一杯楽しむために押さえておきたい基本的なこと

意外と高嶺の花感があるキャンプ、やりたいけどなかなか踏み出せないという方が多いのも事実です。今回は、今年こそキャンプデビューと考えている方に、キャンプの心得から必要なもの、お手軽キャンプ料理についてお話します。

キャンプに関する基本的なこと

一口にキャンプといっても、キャンプ場によって、オートキャンプだったりデイキャンプだったりします。ここでは、この両者の違いについてお話します。

オートキャンプとデイキャンプの違い

キャンプをする場合に、まず決めなければならないのがキャンプ候補地です。候補地選びの際に「オートキャンプ」「デイキャンプ」という言葉を目にするので、ここで説明していきます。

オートキャンプは、候補地に泊まることで、テントを張ったり、コテージに泊まったり候補地によってさまざまです。逆に、デイキャンプは、日帰りと覚えておくといいかもしれませんが、決められた時間内で場所を使用できます。

理想と現実はやはり違った

初めてのキャンプは、胸高鳴り期待が膨らむ反面、天候やちゃんとキャンプできるのかなど不安な面も出てくることでしょう。実は、この不安の対処方法も事前にしっかりと考えておく必要があります。

不安要素に対する対策は、初心者ほどできていないことが多く、テントがうまく張れずご飯の時間が大幅に遅れた、なかなか火が付かなくてBBQの時間が短くなったなど、初めてのキャンプには、さまざまなトラブルがつきものです。

そういう時間も考慮して段取りや役割、トラブル時の対処方法などを決めておくことも大事です。

寒さ対策は万全に

キャンプ候補地の多くは、高地や海辺にあります。日中は、汗をかくほど暑い場所でも、夜になると思った以上にひんやりなんてこともあります。事前にキャンプ場に問い合わせるなどして場合によっては、羽織るものを持っていくようにしましょう。

テントかコテージか迷うところ

キャンプ場によっては、コテージも併設しているところがあります。初めてのキャンプではどちらがいいのか迷うところですが、この先もキャンプを続ける予定があるならテントを、そうではない場合は、コテージを選びましょう。

その理由は、テントの場合は、すべて自分でやらなければなりません。日中、遊んだあとに、テントを張り、ご飯の用意をしてなど、当日のスケジュールによっては休む間もなく動かなくてはなりません。

今回だけキャンプをという方には、お手軽感のあるコテージをおすすめします。

キャンプに必要なものは

キャンプに行って困らないようにとあれもこれも持っていきたいという気持ちはわかりますが、持っていける量には限りがあります。用途を考えて、できるだけ身軽にすることも大切なことです。ここでは、キャンプの定番アイテムを紹介します。

定番アイテム

オートキャンプ、デイキャンプに限らず必要な定番アイテムは、下記のとおりです。なかでも、保険証は忘れずにしましょう。楽しさに疲れを忘れて無理をしてしまい、体調を崩してしまうこともあります。

<アイテム一覧>
軍手、うちわ、チャッカマン(ライター)、懐中電灯、ウェットティッシュ、虫よけ、虫刺されの薬、傷薬・胃薬、保険証、タオル、ぞうきん(ボロタオル)、レジ袋、ゴミ袋

あると便利なアイテム

家にあるものがキャンプ場では意外な便利品になったります。かさばるものではないのであわせて持っていきたいアイテムを紹介します。

「針金ハンガー」いろいろなものに大活躍

タオルハンガーやレジ袋をかけてごみ袋、テントやタープのポールにくくりつけてランタンハンガーに使えます。

「トイレットペーパー」備えあれば憂いなし

キャンプ場のトイレに用意されていない場合もあるので、新品を1ロール持っておくと安心です。

「アルミホイル」後片付けが楽になる

鍋やフライパンの外側を覆っておくと煤などで汚れがつかず、BBQのコンロの隅の下に敷いておくと片付けも簡単に済みます。

「新聞紙」寒さ対策にも使える

BBQ時の着火剤や網の油落としに便利なうえ、寒いときに体に巻いたり、濡れた靴の中に詰めると早く乾きます。

「洗濯ネット」食器乾燥に使える

洗い終わった食器をネットに入れてS字フックで木に吊るせば場所も取りません。ネットもフックも100均で揃います。

「ケミカルライト」安全対策にも使える

テントやタープのロープにつけておくと夜暗くなってからロープに躓かずに済みます。

「ミニホウキ&ちりとり、布ガムテープ」掃除に大活躍する

テント内の砂埃やちょっとした埃を掃除するのに便利です。また、取れないごみはガムテープで取れます。

初めてのキャンプで作りたい料理

キャンプ料理というとカレーやBBQなどが定番ですが、ここでは、ちょっと違う料理を紹介します。

「パンとシチュー」作るのも片付けも手間が省ける

パンは、地元で有名なパン屋さんや道の駅で調達、具材は自宅でカットして持って来れば、火を起こして、鍋にシチューの具材を入れて煮込むだけで完成です。

「パスタ」お鍋ひとつでできる

一度にたくさんの量を茹でられて、地元産のハムや野菜と一緒に料理できるパスタはおすすめです。ソースは、手作りでもいいですが、市販品を用意しておくと時間の調整ができます。

思い出と自分達で出したごみは忘れないように

今回は、初めてキャンプに行くときの基本的なことについてお話しました。キャンプの方法は、人それぞれですが、基本的なことを知らないと楽しむことができません。

キャンプ場によっては、ローカルルールもあるのでルールを守って、楽しいキャンプライフを送ってください。最後に、キャンプ中に出たごみは、キャンプ場にごみ捨て場がある場合を除き各自で持ち帰りましょう。