注目キーワード
自分らしさを見つける旅に出る

ワイン栓の開け方で困ったときは

ワインオープナーがない、コルクが割れてしまったなどすぐにワインを飲めないときはどうすればいいのか。今回は、通常のワインの開け方からトラブル対応まで紹介します。

ワインの開け方

ワインの開け方

レストランでワインを頼んだ時に、スマートにワインを開けるソムリエを見て感動することはありませんか。無駄なく流れるようにひとつひとつの動作を完了させていくあの時間こそが、ソムリエの一番の見せどころではないでしょうか。

ソムリエのようにスマートにワインを開けられないまでも四苦八苦することなくワインを開けるにはコツがあります。ここでは、正しいワインの開け方を紹介します。

「ワイン(コルク栓)」最も難しいワインの栓

お気に入りのワインを飲むため、コルクを開けようとしたときに悲劇が。コルクがうまく抜けず四苦八苦という経験はありませんか。コルク抜きでてこずってしまうとせっかくの雰囲気も台無し。そこで、コルク栓の上手な抜き方を紹介します。

コツはふたつで、「まっすぐ奥まで入れる」ことと「まっすぐ抜く」ことです。

まっすぐ奥まで入れるコツ

まず、失敗するケースは、斜めに差し込んでしまうこと。原因のひとつは、ワインオープナーのコルクに差し込む部分はスクリュー状になっていることで、気付くと斜めに差し込んでしまっているケース。

スクリュー部分をまっすぐ差し込むコツは、ワインオープナーのスクリュー部分の先端を、ワインのコルクの表面に対して垂直になるようにコルク中央に差し込むこと。さらに、差し込んだワインオープナーをワインに対してまっすぐに保ちながら差し込んでいくことです。

ちなみにコルク栓で栓をしたワインには、ボトルの先端をキャップシールで覆っているので外すのを忘れないように。外し方は、ソムリエナイフの場合は、ボトルの首の出っ張りの下の部分に、ソムリエナイフの刃を使って半周ずつ切れ目を入れれば外せます。

まっすぐ抜くコツ

ワインオープナーをまっすぐ差し込んだのに失敗するケースは、ワインオープナーを左右に揺らしながら抜いているから。そのため、コルクが途中でちぎれてしまったり、なかなか抜けなくなるケース。

まっすぐ抜くコツは、ゆっくりと少しずつ抜いていくこと。このとき、ワインを回転させたりしないことです。ソムリエナイフの場合は、フックがついているので、ボトルの口にフックを当てテコの原理でコルクを引き上げるとうまく抜けます。

「スパークリングワイン」音と中身の噴き出しに注意

食事の最初のほうで飲まれることが多いスパークリングワイン。パーティーなどで「ポン」という音や噴出しを演出することはあっても、普段は必要ないもの。そこで、スパークリングワインの栓を上手に抜く方法を紹介します。

コツは、「よく冷やす」「ボトルを回す」「徐々に炭酸ガスを抜く」の3つです。

よく冷やす

購入するスパークリングワインは常温保存されていることが多いので、よく冷やしてからいただきましょう。冷やす目安は、氷水で約30分、冷蔵庫で約4時間です。よく冷やしておくことで噴出し防止にもなります。

実は、誰もがひそかにあこがれる優勝時のシャンパンファイトではないので、間違えてもボトルを振ったりしないように。

ボトルを回す

コルク栓を固定するワイヤーを外して、ナプキンをかぶせた状態でコルク栓を抜きますが、このときボトルをゆっくり回します。コルク栓を回してしまうとボトルが揺れ中身が噴出してしまいます。

徐々に炭酸を抜く

ボトルをゆっくり回していると、コルク栓が徐々に浮き上がってきます。コルク栓をしっかり押さえつけながら、炭酸をにがしていきます。炭酸が抜けたらコルク栓を静かに抜きます。

ちなみに、コルク栓を抜くときに炭酸を抜いてしまうとスパークリングワインとして味わえなくなりそうですが、それは違います。本来、スパークリングワインの楽しみ方は、立ち上がる気泡を楽しみながら味わうもの。

炭酸を抜いてもスパークリングワインとして十分に味わえます。さらに、炭酸が抜けてしまっても、白ワインとしても楽しめるほか、カクテルとしても楽しめます。

「ワイン(スクリューキャップ)」もっとも簡単に開けられるタイプ

デイリーワインとして購入する価格のワインに多いスクリューキャップタイプ。ソムリエナイフなどワインオープナーも必要ないことから、外出先での利用も多く、残ってしまってもキャップをすれば保存できるなど利便性は高めです。

誰にでも簡単に開けられるスクリューキャップタイプにもちょっとしたコツがあるので紹介します。コツは、「ボトルを回す」です。

ボトルを回す

一見、回しやすく見えるキャップのほうを回してしまいますが、回すのはボトルのほうです。一方の手でキャップを持ち、もう一方の手はボトル下部を持ちます。

キャップのほうの手は固定させたまま、もう一方の手でボトルをゆっくり回転させると惚れ程力もかからずスマートに開けられます。

コルクが抜けない時の対処法

コルクが抜けない時の対処法

ワインを飲もうとワインオープナーを探すしてみたものの見つからないという経験はありませんか。ワインオープナーを買ってくる、ワインをあきらめるなどいくつかの対処方法がありますが、実は、ワインオープナーがない時でも、ワインのコルク栓を開ける方法があります。ここでは、ワインオープナーを使わずにコルク栓を開ける方法を紹介します。

コルク抜きなし!?でもナイフを使えば大丈夫

ワインオープナー忘れた!!こんなときでも慌てることはありません。細いナイフがあればワインオープナーの代わりになります。ただし、けがの恐れやナイフの破損など状況が悪化することもあるので十分注意しておこないましょう。

隠れキャラ的だけど便利な缶切り

この話題は時代を感じてしまうのですが、缶切りを探すというのもひとつです。ただし、必要なのは缶切りではなく、缶切りについているコルクスクリュー。

意外とコルクスクリューのついた缶切りが多いので参考までに挙げてみました。ただし、プルトップ缶が主流となっている現在は、缶切りを探すのほうが大変かもしれません。

裏ワザ1 コルク栓がどうしても抜けないとき 壁に連打する

キャンプの時にワインを差し入れしたもののワインオープナーがないことに気づき泣く泣くあきらめる、必要はなくなります。ワインの底部をタオルで覆うか靴の中に入れた状態でボトル底部を壁に垂直に打ち付けます。

力を入れすぎるとボトルが破損するので加減が難しいのですが、弱めの力から始めて、徐々に強さを調整しましょう。コツは、一定の強さでリズミカルに打ち付けることです。

裏ワザ2 ネジとペンチを使う

最低でもねじとねじ回しがあるという状況下でのみ有効ですが、コルクにねじをねじ込み、ペンチで引き抜くという方法です。ねじもできるだけ長めなものがおすすめ。ペンチがない場合は、フォークに引っ掛けて引き抜く方法でもオッケーです。

失敗!?でも、発想の転換で大丈夫! ボトルの中に押し込む

最初からこの方法でもいいのかもしれませんが、そういうと元子もなくなるので、他の方法を読んでもらったあとの最後に持ってきました。スプーンやフォークの柄の部分などでとにかく押し込む。コルクが途中でちぎれた場合でも最初からでもどちらでもおすすめです。

ワインオープナーの種類

ワインオープナーの種類

ソムリエが使うタイプから初心者向けのものまで多様なワインオープナーがあります。ここでは、ワインオープナーの種類を紹介します。

「ソムリエナイフ」慣れると扱いやすいワインオープナー

ソムリエが持っていることから、一般の人は敬遠しますが、ワインのコルク栓を抜くために必要な機能がそろっているので、慣れると意外と扱いやすいオープナー。

「ダブルコルクスクリュー」まっすぐスクリューを入れられるので失敗が少ないワインオープナー

ボトル口にコルクスクリューを当てて、上部にある金具をひねるとスクリューがまっすぐ刺さる。回転を続けるとコルクがあがってきます。

「レバー式コルクスクリュー」力を必要としないワインオープナー

原理は「ダブルコルクスクリュー」と同じ。ただし、コルを引き抜くためには、左右についたレバーを持ち上げておこないます。逆にレバーを押し下げてコルクを引き抜くテコ式もあります。

「T字型コルクスクリュー」持ち運びに便利なワインオープナー

コークスクリューの進化版。持ち手の部分が取り外しできスクリュー部分を収納できるので、安全で場所も取らないタイプ。ただし、ソムリエナイフ同様、慣れると扱いやすいオープナー。

「スクリュープル」簡単にコルクを抜くことができるワインオープナー

ダブルコークスクリューの安価版。ボトル口にしっかり固定するタイプではないが、スクリューを回転させるとコルクがあがってきます。

「電動ワインオープナー」初心者におすすめのワインオープナー

初心者でも簡単にワインのコルク栓が抜ける便利なオープナー。メディアでもたびたび取り上げられているので人気が出てきています。

ワインオープナーおすすめ5選

ワインオープナーおすすめ5選

ワインをたしなむときの必須アイテム「ワインオープナー」。用途に合わせてさまざまな種類が出ています。ここでは、おしゃれで人気のワインオープナーを紹介します。

「VACUVIN コルクスクリュー ツイスター」デザインと使いやすさが抜群

ワインの保存器具ブランドで有名な「バキュバン」から販売されているワインオープナー。洗練されたデザインと使いやすさが人気です。

VACUVIN コルクスクリュー ツイスター 68814

「ガリバー ソムリエナイフ バーガンディ」使いやすさとかっこいいデザインが魅力

ソムリエが使うことから「ソムリエナイフ」ともいわれるポケットナイフのような折りたたみ式のワインオープナー。大人の嗜みにはマストアイテムです。

ガリバー ソムリエナイフ バーガンディ4662

「recolt レコルト イージーワインオープナー」インテリアにもなるおしゃれなデザイン

スイッチを押せばコルクを抜いてくれる電池式のワインオープナー。おしゃれなデザインと力を全く必要としないので女性にもおすすめです。

récolte イージーワイン オープナー ボルドーレッド EWO-1(BD)

「NewCookDay まわすと抜けるコルク抜き」簡単操作が人気の秘密

シンプルなデザインながら、簡単操作でコルクが抜けるワインオープナー。ワインボトルにセットしたら上部のつまみを回すだけで、コルクがあがってきます。

NewCookDay まわすと抜けるコルク抜き DG-2164

「ワインオープナー コルクスクリュー スタンド付」

一見、ワインオープナーに見えない高級感あるデザインのワインオープナー。テコの原理を使って力を必要とせず、コルクを抜くことができます。

軽々 コルク 栓抜き ワイン オープナー コルクスクリュー ボトル キャップ スタンド付 フォイルカッター付

飲みかけワインの保存方法

飲みかけワインの保存方法

開封後、どうしても飲みきれない場合がありますよね。そんなときにおすすめの保存方法を紹介します。

「ハーフボトルに移し替える」費用もかからずできる保存法

あらかじめハーフボトルなどを洗って取っておき、残ったワインを移し替えます。コツは、いっぱいになるまで注ぐこと。こうすることで劣化の原因となる酸素を除去できます。

「真空ポンプ器具を使う」有名ブランドがわずかな金額で手に入る

ワインショップで手に入れられるオランドの有名ブランド「バキュバン」。数千円で売られているので一台は手に入れておきたい便利品です。

ワインがおいしく飲める目安

ワイン自体には、賞味期限はありません。未開封であれば何年でも保存できます。ただ、おいしく飲める目安というのがあるので紹介します。

白ワイン:1~2年
赤ワイン:2~3年

ちなみに、一部の高級ワインは数十年という保存期間を置くことでおいしくなるともいわれています。また、スパークリングワインは、保存を目的にしていないので、できるだけ早めにいただきましょう。

ワインの注ぎ方

ワインの注ぎ方

レストランのソムリエがワインを注ぐ姿には、洗練されたスマートさがあります。ホームパーティーや仲間との食事の時に同様にワインを注げると下部はぐんと上がることでしょう。ここでは、ワインの正しい注ぎ方を紹介します。

持ち方は片手でも両手でも自由

ソムリエは片手で注ぎますが、それは、見えないところで練習を積んでいるから。両手で注ぐことはマナー違反にはならないので慣れるまでは両手で注ぎましょう。

注ぐときに大事なのは、持ち方ではなく、ワインが跳ねないこと。特に赤ワインはシミなると取れないので注意しましょう。

いざというときの応急処置的な裏技

いざというときの応急処置的な裏技

飲むシチュエーションや銘柄はそれぞれですが、日本でも一般的になったワイン。ワインを嗜む場面も屋外にまで広がっています。他のアルコールと違いコルク栓で栓をすることから、屋外ではしばしば困ることも。今回紹介した対処法などをワインを嗜むときに試してみてはいかがでしょうか。

>胸の垂れ・広がり・形崩れが気になる女性は必見!!

胸の垂れ・広がり・形崩れが気になる女性は必見!!

”バスト引き締めクリーム”として業界でも新しい商品「キューティーバスト(Cutie Bust)」

バストを引き締め整えたい女性向けの商品です。
胸を大きくしたいという人がいるように、胸を小さくしたい人もおり、実は、女性の胸の悩みランキング5位が<胸が大きいこと>なんです!

それ以外にも胸の垂れや広がりなど、これ以上胸を大きくしたくないけど気になっている方にも おすすめです。
キューティーバスト

CTR IMG